勉強が苦手な高校生が、定期テスト前に意識すべきなのはココ!

スケジュール管理 / 全般

レベル 基礎
学習シーン 定期テスト

「勉強しなきゃ…」「定期テストの点数をあげたい…」
そう考えてはいても、なかなか結果につながらず「勉強が苦手だ!」と感じている高校生は少なくないのでは?
高校生になり教科数、単元数が増えたときにこそ、新たな意識で効率的な学習計画を立てましょう。
2016年、東京大学文科二類に合格した生徒の事例を参考に、効率的な勉強方法をご紹介します。

定期テストで点数のとれない高校生が陥りがちなこと

定期テストや模試で点数がふるわずに悩んでいる人には、悪い習慣が共通しています。

十分な勉強時間が確保できていない

部活や遊びなどを優先してしまうタイプです。
勉強から離れているあいだにライバルと差が開き、テストの点数や順位が下がってしまいます。

どんな勉強をすべきか明確化していない

勉強時間が確保できていても、内容が充実していなければ点数UPにはつながりません。
問題集を進めやすい、比較的得意な教科に時間を割いてしまう…という場合も要注意。

復習がおろそかになっている

復習は単元の理解度を高め、成績UPに外せない過程です。
「勉強はしているけれど、点数が伸び悩んでいる」という人はここに注目しましょう。

定期テストの対策は、テスト2週間前にスタート!

「テスト期間っていつだっけ?」と気を抜いて時間を無駄にしないため、テスト対策は2週間前から始めます。
テスト期間を忘れないためにも、スケジュール管理には手帳を利用しましょう。

定期テストまでに「何を、どのくらい」の決定

まずは、2週間のあいだに勉強したい教科や問題集を決定します。
さらに、各教科の所要時間の目安を立ててスケジュールを作っていきましょう。
復習の時間もあらかじめ確保しておくことがポイントです。

学習計画の例

・数学4STEPのP20〜40を2週間でやりこむ!
・所要時間は1ページあたり15分、2回目以降の復習では10分で進める!

実際に計画を進める上では、柔軟な対応を!

「毎日この教科を○時間進める!」と決定したからと言って、必ず沿わなければいけないというわけではありません。
怠惰によって諦めるのではなく、いい意味で柔軟に対応するのがコツです。

定期テストまでの時間が迫ってきたら、計画変更もアリ!

時間が足りない場合には、優先度の高いものに注力しましょう。
◆英語は通学中にリスニングCDを聴くことでも学習できるので、他の教科を優先する!
◆応用問題は範囲が広い割に、得点に結びつきにくいのでやめる!
というように、スケジュール変更もしながら柔軟に対応していきます。

まとめ

「勉強をするつもりなのに、できない」「勉強をしているのに、点数があがらない」
という悩みには、学習内容が充実していないことが関係しています。
自分の得意・不得意や目標に合わせ学習スケジュールを決め、進行しながら調整を行えば、点数UPも決して難しくありません!